ENEOSフロンティアの次世代育成支援

従業員が仕事と子育てを両立し、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」を実現するために、従業員全員が働きやすい環境をつくり、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を策定する。

株式会社ENEOSフロンティア 次世代育成支援対策行動計画

行動計画期間

2019年4月1日~2022年3月31日(3年間)

行動計画の内容
目標1 「育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備」
従業員が安心して出産・育児に取り組めるように、次世代育成の大切さや取り組みを周知するとともに、職場環境を整備する。
対策 ・支援制度・育児休業取得実績を周知するとともに、経験談などを職場に提供することで理解を促進
・会社が対象となる従業員の実態を把握した上で、上司と共有し、必要な施策を検討
目標2 「所定外労働時間の削減」
従業員が働きながら育児に取り組むためには、所定外労働を削減して、仕事と生活を調和させることが必要不可欠である。
対策 ・所定外労働時間の分析、労働時間削減策の検討
・長時間労働解消のため、恒常的な人員不足の職場に従業員を新規採用
目標3 「年次有給休暇取得の促進」
仕事と生活を調和させるためには、年次有給休暇の取得も重要であることから、取得促進のための環境を整備する。
対策 ・年次有給休暇を取得しやすい職場の環境づくり
・計画的な年次有給休暇取得の促進