プライバシーポリシー

株式会社ENEOSフロンティア(以下「当社」といいます。)は、個人情報を取り扱うにあたっては、適用法令、ガイドライン、「ENEOSグループ理念」、「ENEOSグループ行動基準」および社内規定ならびに本プライバシーポリシー(以下総称して「適用法令等」といいます。)を遵守し、個人情報を適切に取り扱うことをお約束いたします。

1.個人情報
「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十七号、以下「個人情報保護法」といいます。)にいう「個人情報」を指し、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できるものまたは個人識別符号が含まれるものを指します。

2.個人情報保護体制
個人情報を適切に保護するための仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性を認識させるとともにその取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進します。

3.個人情報の安全管理
個人情報の取得、利用、保管、廃棄の全てのプロセスにおいて、安全かつ正確、最新の状態で管理するように努め、個人情報の漏洩や不正アクセスを防止するための適切な安全管理措置を徹底します。

4.個人情報の利用目的
当社は、以下の目的に必要な範囲で個人情報を取得し、取得した情報を利用させていただきます。以下の目的の範囲を超えて個人情報を利用する場合には、事前に適切な方法でご本人様からの同意を得るものとします。

(1)お取引先様(個人のお客様およびお取引先様となる可能性のある事業者の方を含みます)に対する業務上・取引上の連絡・対応のため

(2)お取引先様に対する製品またはサービスのご案内およびご提供のため

(3)当社がお取引先様から製品またはサービスの提供を受け、または個人情報の取扱いを受託した場合の受託業務遂行のため

(4)法令上の義務や要請に対応するため(国内外の規制当局、司法・行政機関、取引所への報告やそれらによる監査対応を含みます)

5.個人情報の取扱いの委託
当社は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合があります。 この場合、当社は委託先としての適格性を十分審査するとともに、契約にあたって守秘義務に関する事項等を定め、委託先に対する適切な監督を行います。

6.個人情報の管理と保護
個人情報の管理は厳重に行うこととし、次に掲げる場合を除き、ご本人様の同意がない限り、第三者に対しデータを開示・提供しません。また、安全性を考慮し個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等のリスクに対する予防ならびに是正に関する対策を講じます。

(1)ご本人様または第三者の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難である場合

(2)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることにより当該事務の遂行 に支障を及ぼすおそれがある場合

(3)業務を円滑に遂行するため、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合

(4)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

(5)利用目的をご本人様に通知し、または公表することにより、当社の権利または正当な利益を害する恐れがある場合

(6)取得の状況から見て利用目的が明らかであると認められる場合

(7)その他法令で認められる場合

7.個人情報の第三者提供
当社は、原則として、次のいずれかに該当する場合を除いて、取得した個人情報を第三者に開示または提供しません。

(1)ご本人様の事前の同意を得た場合

(2)当社との間で秘密保持に関する契約を締結した会社等に対し、当社の利用目的の達成に必要な範囲において個人情報の取扱いを委託する場合

(3)当社グループ内または特定の会社等との間で個人情報を共同して利用する場合で、その旨および利用目的等をあらかじめご連絡または公表している場合

(4)法令等により、例外として扱うことが認められている場合

(5)ご本人様または第三者の生命、身体もしくは財産に関する危険を回避するために開示または提供が必要不可欠な場合

8.国外への個人情報の移転
当社は、個人情報を業務委託先や共同利用先を含む国外の事業者等の第三者に提供する場合、法令が定める内容に従い、必要かつ適切な措置を講じます。

9.匿名加工情報および仮名加工情報の利用
当社は、製品やサービスの品質向上等の目的のため、個人情報を統計情報その他の個人を識別することができない情報に加工して利用することがあります。この場合、当社は、当該匿名加工情報および仮名加工情報の作成に用いられた個人情報にかかる本人を識別するため、当該個人情報から削除された記述等または加工の方法に関する情報を取得し、もしくは当該匿名加工情報および仮名加工情報を他の情報と照合しません。また、匿名加工情報および仮名加工情報の取扱いについては、必要かつ適切な措置を講じます。

10.個人情報の開示
当社は、ご本人様から個人情報の開示を求められたときは、ご本人様に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。

(1)ご本人様または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

(2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

(3)その他法令に違反することとなる場合

11.個人情報の訂正および削除
当社の保有する個人情報が誤った情報である場合には、ご本人様の請求により、当社が定める手続きに従い個人情報の訂正または削除を行います。 当社は、ご本人様から請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく当該個人情報の訂正または削除を行い、これをご本人様に通知します。

12.個人情報の利用停止等
当社は、ご本人様から、以下の各号に定める場合に該当するとして、個人情報の利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、法令に従って、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人様に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人様の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

(1)利用目的の範囲を超えて取り扱われている場合

(2)不正の手段により取得された個人情報である場合

(3)違法または不当な行為を助長し、または誘発するおそれがある方法により利用されている場合

(4)要配慮個人情報が含まれる個人情報の漏えい、滅失もしくは毀損(以下「漏えい等」といいます。)が発生し、または発生したおそれがある場合

(5)不正に利用されることにより財産的被害が生じるおそれがある個人情報の漏えい等が発生し、または発生したおそれがある場合

(6)不正の目的をもって行われたおそれがある個人情報の漏えい等が発生し、または発生したおそれがある場合

(7)個人情報にかかる本人の数が千人を超える漏えい等が発生し、または発生したおそれがある場合

(8)当該個人情報の取扱いによりご本人様の権利または正当な利益が害されるおそれがある場合

13.お問い合せへの対応
当社は、個人情報の取扱いに関するご本人様からの苦情、相談を受け付け、適切かつ迅速に対応します。

〔お問い合わせ窓口〕

 株式会社ENEOSフロンティアお客様センター

 電話番号: 0120-40-3041

 受付時間:平日午前9時~午後5時(土、日、祝日・年末年始を除く)

  https://www.eneos-frontier.co.jp/contact.html

14.プライバシーポリシーの変更手続
当社は本プライバシーポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
変更後のプライバシーポリシーは、当社ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとし、変更内容は当社ウェブサイトで通知いたします。

株式会社ENEOSフロンティア 代表取締役社長 石川正之

【個人情報の開示・訂正・利用停止等】
当社では、以下の手順に則って、ご本人様または代理人から、保有個人情報の「利用目的の通知」、「開示」、「訂正・追加・削除」、「利用停止・消去」、「第三者提供の停止」の請求等に対応しております。なお、ウェブサイトから直接請求することはできませんので、ご注意ください。

〔請求等項目〕

 (1)利用目的の通知

 (2)開示

 (3)訂正・追加・削除

 (4)利用停止・消去

 (5)第三者提供の停止

〔受付窓口〕

 株式会社ENEOSフロンティア 総務部

 〒104-8218 東京都中央区京橋一丁目7番2号

 電話番号:03-3563-9211

 受付時間:平日午前9時~午後5時 土、日、祝日、当社休日除く)

開示ができない場合

 以下の(1)~(5)に該当した場合は、不開示とさせていただきます。なお、不開示を決定した場合は、その旨の回答を書面にて通知いたします。また、不開示の場合についても所定の手数料をいただきますので、ご了承ください。

 (1)ご本人様または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

 (2)個人情報取扱事業者(当社)の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

 (3)他の法令に違反することとなる場合

 (4)所定の請求書に未記入(不備)があった場合、所定の書類が不足していた場合

 (5)手数料が不足していた場合

自己情報の開示等の請求等の流れ


 [ (1)請求書記入 ] → [ (2)請求書送付 ] → [ (3)回答書受領 ]

 (1)請求書記入

 必要な請求書をダウンロードし、必要事項をすべてご記入ください。

 ①利用目的通知請求書(書式) ㋐利用目的通知請求書(記入例)
②開示請求書(書式)㋑開示請求書(記入例)
③訂正等請求書(書式)㋒訂正等請求書(記入例)
④利用停止等請求書(書式)㋓利用停止等請求書(記入例)

 (2)請求書送付

 請求方法

 ①~④のいずれかの請求書、②本人確認書類(任意代理人の場合は、代理人であることを証明する書類および委任状)を添えて、手数料が必要なご請求の場合に手数料を同封のうえ、郵便にてご送付ください(送料は自己負担でお願いいたします。)。

 請求者が本人の場合の本人確認書類

 運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証、マイナンバーカード、住民票、年金手帳等のコピー

 請求者が代理人の場合の本人確認書類

・情報主体(ご本人様)の本人確認書類
運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証、マイナンバーカード、住民票、年金手帳等のコピー

・代理人の本人確認書類運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証、マイナンバーカード、住民票、年金手帳等のコピー

・任意代理人の場合には委任状(実印押印のもの)と印鑑証明
未成年者の保護者の場合には戸籍謄本や健康保険の被保険者証等のコピー
成年被後見人の場合には登記事項証明書、家事審判書謄本等のコピー

 開示等(①利用目的通知請求、②開示請求)の手数料

・1回の請求ごとに、800円

・800円分の郵便切手を請求書類に同封してください。

 なお、手数料が不足していた場合、および手数料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡いたしますが、所定の期間内に対応がない場合は、開示等の請求に応じることができませんので、ご了承ください。

 ※③訂正等請求、④利用停止等請求につきましては手数料が不要です。

 請求書送付先(郵送)

 〒104-8218 東京都中央区京橋一丁目7番2号
株式会社ENEOSフロンティア 総務部
※ウェブサイトから直接請求することはできませんので、ご注意ください。

 (3)回答書受領

 開示等の請求等に対する当社からの回答方法

 当社は、請求等いただいた方が指定する記載住所宛に、原則として請求書類一式を受領してから30日以内に次の区分により、ご希望される通知方法(書面またはメ ール)にて回答いたします。
・開示の可否
・訂正
・削除
・中止
・不存在

開示等の請求等に基づいて取得した個人情報の取扱い

 利用目的の通知、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止の請求等に基づいて取得した個人情報は、当該請求等に必要な範囲内で取り扱うものとします。 請求書および本人確認に必要な書類等の提出書類は、当社からの回答が終了した後、2年間保存し、その後廃棄します。